お知らせ NEWS

  • 2022-08-03 お知らせ

    タンスの処分方法8選|重い・大きいタンスをお得でラクに処分するには

    いらなくなった大きなタンスを処分したいとお考えですか?

    部屋にどっしりと収まっている大きくて重たいタンスは、部屋から運び出すのすらひと苦労です。

    そのため、手軽に処分ができず悩みどころですよね。

    また、なるべくお金をかけずに正しい方法で処分をしたいものです。

    この記事では、大きなタンスの処分方法を紹介します。

     

    タンスなどの大きい家具を処分する方法|8選

    タンスなどの大きい家具を処分する方法|8選

    大きなタンスを処分する方法はいくつかあります。

    今回は、8つの方法を紹介していきましょう。

    自治体に粗大ごみとして引き取ってもらう

    一般的な方法として最初に思いつくのが、お住まいの市区町村に粗大ごみとして引き取ってもらう方法です。

    自治体に粗大ごみとして処分には2つの方法があります。

     

    • 自宅まで引き取りに来てもらう
    • 処分場まで自分で持ち込み処分する

     

    【自治体に粗大ごみとして引き取ってもらうメリットとデメリット】

    メリット デメリット
    自治体なので安心感がある

    比較的安価で処分できる

    自宅に来てもらう場合には申込みをしてから引き取ってもらうまでに日数がかかる

    自分で家の外まで運び出さなければならない

    ここからは、自宅に来てもらう方法と処分場へ持ち込む方法、それぞれを説明していきましょう。

    予約して自宅まで引き取りに来てもらう

    事前に予約をして、自治体に自宅まで引き取りに来てもらう方法です。

    その手順としては、以下のとおり。

     

    1. お住まいの市区町村に申し込みをする。回収日や回収場所が決まる
    2. 処分したいタンス分の粗大ごみ処理券をコンビニ等で購入する
    3. 粗大ごみ回収券をタンスに貼る
    4. 約束の回収日に回収場所へタンスを自分で運ぶ
    5. 自治体の作業員がタンスを回収してくれる

     

    仙台市の場合を例にとって、もう少しくわしい内容を説明します。

    1. 電話(022-716-5301)かインターネットで申込みをする:電話の受付時間は月~金9:00-17:00(祝休日も受付、土日、年末年始はお休み)
    2. 粗大ごみ受付センターから知らされた手数料納付券をコンビニなどで購入する
    3. 手数料納付券に受付番号か名前を書く
    4. タンスに手数料納付券を貼る
    5. 収集日当日8:30までに指定された場所へごみを出す:家の外に出さなければならない
    6. 自治体の作業員が回収をしてくれる

     

    タンスに貼る手数料納付券の金額は、仙台市の場合下表のとおりです。

    タンスの大きさ 品目別料金
    高さ・幅・奥行の合計が2.5m未満 800円(納付券2枚)
    高さ・幅・奥行の合計が2.5m以上 1,600円(納付券4枚)

     

    自治体の処理施設まで自分で持ち込み処分する

    次に、自治体の処理施設まで自分で持ち込む方法です。

    上記の方法で収集を依頼すると、自治体に決められた日取りでの引き取りになります。

    引取日の何日前までに申し込む必要があるなど、それぞれの市区町村によって決まりがあるはずです。

     

    そのため急いで処分したい場合や、自治体に決められた日程とどうしてもスケジュールが合わない場合などには、自治体の回収を待っていられません

    そんなときには、自分で処理施設まで持ち込みましょう。

    大抵は予約がいらず、自分の都合のよいときに搬入ができるので、スケジュールに困ることはありません。

     

    ただしタンスを運ぶとなると、自家用車では積めない可能性も十分に考えられます。

    その際には、小型トラックをレンタルするなどの対処が必要です。

    また自宅の2階などからトラックまでタンスを運ばなければならないので、少なくとも大人が2人は必要となるでしょう。

     

    家の中を傷つけたりしないように、まずは壁や床の養生から作業を始めます。

    もしも部屋のドアから出せなかったり、廊下や階段の踊り場を回れなかったりする場合には、あらかじめタンスの解体作業もしなければなりません。

     

    タンスをトラックに積み込んだら、処理施設でも自分で荷降ろしをしなければならないため、現地へも大人が2人以上で出向く必要があるでしょう。

    また処理施設へ自分で持ち込んだからといって、無料で処分できるわけではありません。

    手数料がかかりますので、現地で支払いをします。

     

    ちなみに仙台市における、自己搬入の場所と手数料は以下のとおりです。

    搬入先 住所・電話番号 持ち込める大きさ 手数料
    今泉工場 仙台市若林区今泉字上新田103

    電話:022-289-4671

    長さ2m以下かつ重量1個あたり100kg以下 100kgまで1,500円

    100kgを超える分

    10kgまでごとに150円

    葛岡工場 仙台市青葉区郷六字葛岡57-1

    電話:022-277-5399

    長さ2m以下かつ重量1個あたり100kg以下 100kgまで1,500円

    100kgを超える分

    10kgまでごとに150円

    参考:仙台市公式サイト「自分で処理施設に持ち込むとき(自己搬入)」

     

    タンスを解体して一般の家庭ごみとして捨てる

    タンスはそのままの状態では粗大ごみになりますが、解体をして一般ごみとして捨てる方法もあります。

    木材でできているタンスは、各部品一つひとつの解体が可能です。

    一般ごみとして捨てるには、決められたごみ袋に収まる大きさとするのがごみ収集の基本的なルールとなるでしょう。そのため、ごみ袋に入る大きさへ解体をすることになります。

     

    なかには大きな部材もあると思いますので、そういった場合には、適切な大きさにノコギリなどで切断しなければなりません。

    大きなタンスを一般の家庭ごみとして捨てるまでに解体するのは、並大抵の作業量ではないので覚悟を決めて取りかかりましょう。

    ある程度の解体スペースの確保も必須となります。

     

    また自治体によっては、たとえ解体しても一般ごみとしては認められない場合もありますので、とりかかる前に必ず確認しましょう。

     

    【タンスを解体して一般の家庭ごみとして捨てるメリットとデメリット】

    メリット デメリット
    一般ごみとして捨てられる 大きなタンスの場合、解体するのが困難

    解体するための時間がかかる

    解体するためのスペースが必要

    一般ごみが有料の地域ではけっきょく有料になる

     

    タンスの買い替えなら家具屋に引き取ってもらう

    タンスの買い替えを考えている場合限定になりますが、新しいタンスを購入する家具屋に有料で引き取ってもらう方法もあります。

    この場合には、新しいタンスと入れ替えに、古いタンスを引き取ってもらえるでしょう。

     

    大手家具店の引き取り料金は以下のとおりです。

    家具店 引き取り料(税込み)
    ニトリ 1注文につき4,400円
    東京インテリア 3,000~4,000円
    IDC大塚家具 1,000~4,000円

    家具を購入する際には、タンスの引き取りが可能かどうかを家具店に聞いてみるといいでしょう。

    同等の製品を購入した場合にかぎり、古い家具を引き取るといった家具店が多いようです。

    たとえば椅子を一脚購入して、タンスを引き取ってもらうことはできないと考えておきましょう。

     

    【家具屋に引き取ってもらうメリットとデメリット】

    メリット デメリット
    新しいタンスの搬入と同時に引き取ってもらえる 同等商品を購入した場合にしか引き取ってもらえない

    引き取り料がかかる

     

    引越しなら引越し業者に引き取ってもらう

    引越しの際に、不要となったタンスを引越し業者に引き取ってもらう方法もあります。

    引越し業者によっては、不用品の引き取りはもちろん、使えるものなら買い取りをしてくれる場合も。

    ぜひ利用する引越し業者へ、確認してみましょう。

     

    確認は、引越し当日ではなく事前に確認しておくと安心です。

    引越し当日に現場で業者の作業員にお願いしても、引き取ってもらえない可能性が高くなってしまいます。

     

    【引越し業者に引き取ってもらうメリットとデメリット】

    メリット デメリット
    引越しのついでにタンスを引き取ってもらえる

    程度のよさや業者によっては買い取ってもらえる可能性もある

    引き取りの料金がかかる

     

    リサイクルショップにタンスを売る

    タンスの程度がよいものであれば、リサイクルショップに売る方法も考えられます。

    リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性がある要素としては、以下のとおりです。

     

    • 比較的新しい
    • キズや汚れがほとんどなく美品
    • ブランドもののタンス
    • 年代物のアンティーク品で、希少性があって人気や価値があるもの
    • 伝統工芸品のタンス

     

    比較的新しいものか、逆にかなりの年数を経た価値の高いものは、高額で買い取ってもらえる可能性があります。

    しかしリサイクルショップによって、目利きに相当な幅がありますので、処分したいタンスの部類に得意そうなショップを選んで見積もりを依頼してみるのが得策です。

     

    【リサイクルショップにタンスを売るメリットとデメリット】

    メリット デメリット
    よいものなら想像以上に高値で買い取ってもらえる可能性もある ショップによって得手不得手があり、相場感がつかみにくい

    買い取ってくれるショップ探しに苦労する

     

    フリマアプリやヤフオクで売る

    メルカリなどのフリマアプリや、ヤフオクなどのオークションサイトを活用して、タンスを売る方法もあります。

    購入後まだ年数が浅かったり、ブランド品や希少品であったりする場合には、高値で売れる可能性もある方法です。

     

    ただしタンスは通常の宅配便などでは発送ができないため、家財便などの扱いとなります。

    どのように先方へ届けるのかを、出品前に調べて決めておくことが必要です。

    運送会社によっては、梱包をやってくれるところもありますので、集荷に来てもらえそうな運送会社に問い合わせてみましょう。

     

    また運送会社が集荷に来てくれたとしても、部屋からの持ち出しはしない、といったケースもあります。

    そのあたりも事前に確認したいところです。

    フリマアプリやヤフオクでタンスを処分する際は、トラブルがないように心がけましょう

    トラブルを避けるためには、以下の点に注意します。

     

    • ギズや汚れがある場合には写真に撮って明示する
    • ダメージについては、文章でもていねいに説明する。
    • 中古品であることを明記する
    • 送料を出品者か購入者、どちらが負担するのかを明記する

     

    【フリマアプリやヤフオクで売るメリットとデメリット】

    メリット デメリット
    美品やブランドもののタンスであれば高値で売れる場合もある 手間がかかる

    自分で発送準備までおこなうのはかなり大変

    出品したものの、すぐ売れるとは限らないためいつ処分できるかわからない

     

    ジモティーでゆずる

    タンスなどの大型家具は、送料が高額になります。

    そのためジモティーで近所の人にゆずる方法もいいでしょう。

    条件として「自宅まで引き取りに来てくれる方、お願いします。」などと提示しておけば、先方が引き取りに来てくれます

     

    その場合でも玄関までの引き取りなのか、部屋の中から運び出してもらえるのかは、先方との交渉で進めていきましょう。

    もしも2階に置いてあるタンスを引き取ってもらいたい場合には、その旨を明記しておくと安心です。

     

    【ジモティーでゆずるメリットとデメリット】

    メリット デメリット
    自宅まで引き取りに来てもらえる

    場合によっては有料で引き取ってもらえる可能性もある

    都合よく引き取り手が見つかるとは限らず、処分完了まで時間がかかる可能性もある

     

    おすすめの方法!不用品回収業者に引き取ってもらう

    高額な買い取りが期待できそうなタンスや、まだ新しくて捨ててしまうのが惜しいようなタンス以外のタンスを処分したいときにおすすめの方法は、不用品回収業者に引き取ってもらうことです。

    不用品回収業者なら、たいていの場合には部屋の中まで引き取りに来てもらえます。

     

    仙台でタンスの引き取りをご希望でしたら、ぜひ一度エコリサイクルにご相談ください。

    エコリサイクルは、宮城県と山形県の不用品回収をおこなっています。

     

    【不用品回収業者に引き取ってもらうメリットとデメリット】

    メリット デメリット
    まだ使えそうなら買い取ってもらえる場合もある

    自分の都合のよい日に引き取りに来てもらえる

    処分したいと思ったらすぐに処分できる

    自治体よりも料金が高くなる場合もある

     

    タンスの処分で気になる費用のこと

    タンスの処分で気になる費用のこと

    ここからは大きなタンスを処分する際に、気になる費用について紹介します。

    婚礼用タンスの処分費用相場

    一昔前は、結婚時の嫁入り道具としてあたり前だった婚礼用タンス。現在の住宅事情には合わないことも多々あります。

    今の住宅には備え付けのクローゼットが完備されていることも多いからです。

    そんなときには巨大な婚礼タンスは無用の長物となってしまいます。

     

    いくら思い入れのあるタンスだとしても、そのタンスによって生活空間が圧迫されるようでは本末転倒です。

    また古くなった婚礼タンスは、現代のインテリアとマッチしないことも考えられますね。

    さらに震災の多い近年は、巨大なタンスが倒れてきて下敷になる危険性も否定はできません。

    使わなくなった昔の婚礼用タンスは、思い切って処分することも検討しましょう。

     

    処分費用の相場としては、下表のとおりです。

    処分方法 費用相場
    自治体に引き取りに来てもらう 800~1,600円程度(仙台市の場合)
    自治体の処分場へ自分で持ち込む 1,500円~(仙台市の場合)
    タンスの買い替えで購入店に引き取ってもらう 1,000~4,400円程度
    不用品回収業者に引き取りに来てもらう 5,000円程度~

     

    タンスの処分費用を無料にできる方法

    タンスの処分には、どうしても処分費用がかかります。

    しかしなかには無料にできる方法もあるので紹介しておきましょう。

    フリマアプリやヤフオク、ジモティ-などを利用すれば、送料と相殺して無料もしくは有料となる可能性があります。

    また不用品回収業者についても、場合によっては無料で回収してもらえる場合も。

     

    • 他のものとまとめて回収してもらう
    • まだリサイクルできそうなタンスならリサイクルに回してくれる業者である

     

    このような場合には、無料での回収が可能となります。

    ぜひ一度、見積もりを依頼してみてはいかがですか。

     

    困った!いらないタンスの処分方法がわからない

    困った!いらないタンスの処分方法がわからない

    大きなタンスの処分方法はいくつかありますが、実際に自宅のタンスをどの方法で処分したらいいのかわからないという方、多いと思います。

    ここからは、困ったときの対処法を紹介しましょう。

    重いタンスの処分はどうしたらいいの?

    自治体に回収をたのむとしても、自治体に回収してもらうためには一戸建て住宅であれば玄関先まで、マンションであれば1階まで自分で運び出す必要があります

    軽いタンスであれば自分たちで運び出せますが、重たいタンスの場合には素人ではむずかしいことも。

    そんなときには、部屋まで引き取りに来てくれる業者にお願いをすると安心です。

    2階にあるタンスを処分したいとき

    2階の部屋に鎮座している大きなタンス。

    いったいどうやって入れたんだろう? と不思議になるくらい2階から運び出せないことがあります。

    もしかすると搬入時には引越しの際、クレーンで吊って窓から運び入れたのかもしれません。

     

    そのような大きなタンスは、部屋入り口のドアを通すことすら至難の技です。

    なんとか部屋から出せたとしても、家の中にある階段の踊り場を曲がることもむずかしいかもしれません。

    自分で解体ができればこまかくして運び出せますが、工具が必要になったりケガをしてしまったりと、なかなか大変な作業となってしまいます。

     

    そんなときにもやはり、プロへまかせるのが手っ取り早く安全です。

    地域の信頼できる不用品回収業者へ問い合わせをしてみましょう。

    タンスの処分に信頼できる業者の選び方

    タンスの処分に信頼できる業者の選び方

    自分の都合のよいときに、安心して処分ができるのは、不用品回収業者へ依頼することです。

    ここで大事なのが、信頼できる不用品回収業者を選ぶこと。

    残念ながら、なかには悪質な不用品回収業者もいます。

    悪質な業者の特長は以下のとおり。

     

    • なんでも無料で回収すると大音量で回っていたので頼んだら、積み込みが終わった途端に高額な支払いを請求されこわくなり支払うしかなかった
    • ポスト投函に「無料回収」のチラシがあったので、頼んだら運搬費や出張費の名目として高額を請求された
    • 回収されたものが不法投棄された
    • ホームページなどもなく、住所や連絡先が不明

     

    実際に目の前で請求をすごまれると断りづらく、納得がいかないものの、高額の支払いをしてしまった、というケースが多いようです。

    そのような悪質な業者にはくれぐれも気をつけましょう。

    信頼できる不用品回収業者の選び方としては、以下のとおりです。

     

    • 一般廃棄物処理業許可の資格を保持しているか
    • ホームページをもっているか
    • 運営会社がしっかりと提示されているか
    • 見積もりを無料でしてくれるか
    • 料金が見合わない場合には断れるか

     

    安心できる業者かどうかは、これらの点を総合して判断できます。

     

    タンス処分は不用品回収業者がラク|仙台でのご相談はエコリサイクルへ

    タンス処分は不用品回収業者がラク|仙台でのご相談はエコリサイクルへ

    不要となったタンスの処分にお困りでしたら、信頼できる不用品回収業者へ依頼するのが手間もかからずおすすめです。

    宮城県・山形県で、タンスの処分をご希望でしたら、ぜひ一度エコリサイクルへご相談ください。

     

    エコリサイクルは、SDGsの理念に賛同のもと、できるかぎり資源のリサイクルに努めています。

    その結果、業界最安値も実現していますので、お見積もりだけでもご依頼ください。

     

    お問い合わせは、お電話・メール・LINEなどで対応しております。

    お電話:0120-222-659

    メール:エコリサイクルお問い合わせフォーム

    LINE:QRコードで友だちを追加

     

    関連記事:エアコンの処分方法ご紹介|家電リサイクル法を守って安く処分しよう

    関連記事:テレビの処分法7選|家電リサイクル法に則って正しくお得に処分しよう

     

不用品回収・粗大ゴミのことなら
おまかせください!
お見積り・基本料金・出張料 無料!

ページTOP